資産価値を高めるための企画提案型大規模修繕グループ

ZEN 株式会社繕

施工事例マンション一棟オーナー・住宅ビル・施設神社仏閣


ホーム 〉 耐震・防水技術

耐震・防水技術


建物の長寿命化に影響する2つの鍵。
コンクリート建物を守る耐震工事と、防水(止水)工事。
私たちの住む日本は、地震に対し避けて通れない場所に位置しています。そのためマンション・ビルの長寿命化を行う際の大きなポイントは「耐震性能」です。分譲マンションでは特にその対策が遅れており、マンション管理組合の立場としては追加の補修予算を工面することが難しいということだと思います。そのまま耐震のことには触れないで過ごしていきたいところですが、万一大きな地震が発生した場合、一番大切にしたいのは人の命です。また、建物の被害も少なければと願います。そのためにも耐震改修を行っていただけるよう、私たちは必要かつ最小コストになるようなプランを一緒に探してまいります。そして、もうひとつ、建物の寿命を大きく奪うのが「漏水」です。目に見えないヒビを水が伝って建物にしみわたり、急速にコンクリートをもろくしていきます。小さなヒビが閉じて表面を強固なものにするコンクリート保護剤を活用した独特な工法により、防水面での確かな安心をお届けしてまいります。
各種耐震工事 防水(止水)工事
各種耐震工事
大きな地震が発生した場合でも建物さえ残っていれば、避難所生活を余儀なくされたり、新しいマンションのローンに悩まされることもありません。そのために、ぜひご採用いただきたい耐震工法をいくつかご紹介いたします。耐震改修にあたりましては、まず耐震調査を行う必要があります。私たちは耐震調査から工事までの全行程を請け負っており、コストダウンにつながるプランをご提案いたします。安心できる低コストな耐震改修プランをご提出いたします。

耐震壁
最も簡単で効果のある方法として、耐震壁の設置があげられます。地震に対して弱いと思われる場所に対して、壁を増やしてをバランスよく配置して補強します。同時に、建物内の使い勝手が悪くならないような場所と形状を考えて、設置する必要があります。


鉄骨ブレース
耐震壁工法では、建物内に壁を増やすことで見通しが悪くなるケースがあります。その代替えとして鉄骨ブレースを用いることで見通しが効き、圧迫感がなくなります。鉄骨ブレースは室内と、建物外に施工する2つの施工場所があり、状況に応じて使い分けます。


包帯工法
東日本大震災でも、倒れなかったとして有名になった工法。マンションを支える鉄筋コンクリート製の柱の表面に対し、接着剤を塗って高強度のポリエステル繊維製のテープを巻き付けていく工法。数人の作業員と、工程も少なくて済むため、価格は従来のブレースや鉄板等で固める工法に比べて、大きく抑えられるのが特徴です。


根巻き補強
根巻きコンクリートは、鉄骨の柱脚を鉄筋コンクリートで巻く工法です。耐久力が長く信頼出来る工法のひとつです。


PCアウトフレーム工法
既存の建物の外側に、新設の柱(フレーム)を設置する工法です。新設する柱の強さを使って、建物の強度を高めることができます。新設の基礎工事が必要となりますので、その部分の敷地の確保が必要となります。外観のリフォームと合わせて行うことで、耐震補強できるプランとなります。

そのほかにも、耐震工法にはさまざまなものがございます。マンション・ビルの耐震改修では物件の耐震強度、立地、建物の使用目的などにあったものが必要です。ご相談の内容に合わせて、ご提案させていただきます。


ページトップへ
水から建物を守るための技術
実は、コンクリート建物の品質は、新築施工時の工事の質により定まってきます。どんな質かと申し上げますと、建築現場で作るコンクリートの作り方です。コンクリートは、セメントに水・砂・砂利を混ぜて作ります。その際に、かくはんするのにバイブレーターを使って、なるだけ均一に混ざるようにします。かくはん不足のところがあると、空気をコンクリートの中に閉じ込めたまま、施工に使ってしまいます。施工して乾燥後施工して、コンクリート躯体(くたい)にできた空気の穴をプールと呼んでいますが、このプールが多ければコンクリート躯体は穴だらけの状態となります。この要因を含めて、コンクリート建物には、もともと水みちといわれる水が染み込み流れるルートができる場合があります。水みちの部分は、時間、風雨や寒暖の差にさらされて劣化し、早ければ新築後2年ぐらいから漏水の悲鳴があがるようになります。建物全体にできた小さな水みちは、目に見えないので漏水して初めて気がつくことになります。
このように、コンクリート建物は生まれながらにして防水性能が物件ごとに異なり、すべての建物の防水工事が完璧になるわけではありません。しかし、私たちは水みちの発見を早くし、その上で、建物をより長期間雨水から守ることができる独特の工法を実施することにより、建物の表面にできる微細なヒビを閉じて建物を強くし、建物の長寿命化を支えてまいります。

漏水調査
漏水調査にはいろいろな手法がありますが、表面的な調査で終わりがちな漏水調査のなかで、深いところまで確認できるのが電気抵抗試験による調査です。コンクリート建築物の漏水の多くは、コンクリートのヒビを通って漏水しています。水みちは建物の中で建物いろんな方向に曲がっており、原因場所を探すことは非常に困難ですが、この方法により特定でき、防水工事箇所を狭くしコストダウンにつなげています。

独特な手法による止水工事
漏水箇所に対する止水工事を行います。部屋など水が漏れている箇所から逆に、高圧によりコンクリート保護剤(エバープロロング※)を注入します。高圧注入することで保護剤が出口を探し水みちを辿っていくことで施工が完了します。この保護剤はコンクリートに触れることでコンクリートと同質化し、ひびを閉じる性質があります。無臭無害の材質なので、安全に水みちを塞ぎ、止水できます。

人と自然にやさしい防水工事
私たちが使う工法(エバープロロング工法※)は、表面を覆う工法と比べ、無臭・無害で、浄水場の防水対策にも活用するほど安全性に優れた工法です。従来型の劣化や防水対策の表面被覆材ではなく、防水保護材をコンクリートに浸み込ませ、表層部の気孔に充填し緻密保護層を形成する方式です。一般的に屋上防水工事をメインに使われており、漏水箇所の止水工事にも使用されます。

長期のコンクリートの保護
一般的な工法では3〜5年の耐久年数となりますが、エバープロロング工法は10年〜20年の耐久性を持っていますので、頻繁な塗り替えの必要がありません。保護剤の働きにより、小さなヒビに対しては自己修復を行います。またコンクリート内にはわずかに水分があり、時間をかけて蒸発しますが、表面を覆わない工法によって、それを邪魔しないため凍結によるコンクリートのひび割れも起こらず、また塩害にも強いという優れた特徴を持っています。この工法はもともと橋げたのコンクリートを強化するための技術ですが、近年建物にも積極的に使われるようになっています。


ページトップへ