資産価値を高めるための企画提案型大規模修繕グループ

ZEN 株式会社繕

施工事例マンション一棟オーナー・住宅ビル・施設神社仏閣


ホーム 〉 新技術・新しい取組

新技術・新しい取組


時代の変化を読み先取りしていく。
大規模修繕業界に「新しい風」を。
私たちは大規模修繕サービスが、持続可能な社会を担う大切な産業であると認識しております。建物を生まれ変わらせ、価値を高め、未来に向け長期間使えるようにすることで、地球資源やエネルギーを無駄に消費する社会を救うことができるからです。大規模修繕は最初の建築に続く「第2の建築」に値する作業だと思います。その業務の品質を高めるために、また一層の低コスト化を図るために、私たちは常に新しい技術を探し求め、採用してテストを試み、納得したものだけを取り入れて実施しています。私たちの会社の社員は平均年齢も若く、新しいことへの挑戦意欲に全員がみなぎっています。そしてまた、一企業として社会に何をなさなければならないかを考えることについても真剣です。暮らしの安全や安心に貢献できる技術や製品の取り扱い、未来を担う大切な子どもたちへの支援、グローバル社会の中で貢献できることなど、さまざまな取組を行っております。私たちは大規模修繕業界のリーディングカンパニーを目指す気概を持ち、業界に新しい風が吹きこむよう、日々新しいテーマに取り組んでまいります。
エバープロロング工法 各種特殊工事 自然塗料 教育支援活動 海外研修生教育

新技術の採用
人と環境にやさしい。無臭・無害の防水工法〈エバープロロング工法〉
コンクリート建物の劣化には、●地震によるヒビ、●排気ガスによる中性化、●塩害、●凍結融解(寒冷地)の主に4つの原因があります。劣化するとコンクリートに生じる空隙が漏水の原因です。エバープロロング工法ではコンクリートが固まる原理と同様な仕組みを活用することで、コンクリート表面に緻密な保護層を数センチの厚みで作り上げます。その結果、小さなクラックを閉塞し、コンクリート内部の水分は逃がして凍結を防ぎつつ、雨などに対して完璧な防水性能を発揮します。コンクリート表面が緻密になるため、埃、カビ、苔、藻類が付着しにくいというメリットも生まれます。コンクリートに異質なものを貼り付けるのではなく、コンクリートの表面を同質材で強化する考えのため、コンクリートとの親和性が非常に良く、実質的には数十年といえるほど耐久性に優れているのです。
▶ケイ酸塩系含浸コンクリート保護・防水材〈エバープロロング工法〉についての詳細はこちら
株式会社繕はエバープロロング工法の全国施工ネットワーク「建設技術推進協同組合」の理事を務めております。施工についてのご質問など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ
各種特殊工事を提供いたします
新しい技術を用いた工事を行うことにより、今までは常識とされていたものから、時間、コスト、手間などを大幅に削減することが可能です。物件の状況を考えた上、過去の経験を踏まえて、適切なご提案とアドバイスをさせていただきます。

ページトップへ
新しい取組
健康に配慮し、自然塗料を使用しています
私たちは、設立当時から環境問題やアレルギー等の問題に真剣に取組み、すべての工事において、環境対策、アレルギー対策を徹底してまいりました。そのため、居住者様の安全を考え、使用する塗料はすべて「自然塗料」を採用しております。自然塗料の成分は、すべて天然植物油・天然蜂蜜ワックスをベースに製造したもので、食品基準の安心いただける塗料です。

学校の教育支援活動について
安心・安全な工作をしていただこうと、東京都足立区「淵江第一小学校卒業生・製作物」に、私たちが取り扱っている自然塗料の活用をご提案いたしました。同小学校に採用いただき、塗料の提供・製作のご指導を行いました。今後とも自然塗料の正しいご理解のために、同様な活動に取り組んでまいります。近圏の福祉施設・幼稚園・小学校・中学校・高等学校でお使いになりたい場合、無料でご指導いたします。(一部の自然塗料については、無料提供もさせて頂きますのでご相談下さい)

海外研修生教育を通じた国際貢献
ベトナム国内において、外国人が不動産を購入するのには制限がありましたが、2015年7月に住宅法改正により、外国人による住宅購入条件が緩和されました。いま、ベトナム不動産は、外国人投資家からの大きく注目されています。こうした時代背景のなか、私たちはベトナムより海外研修生を、積極的に受け入れています。ボランティアを使った日本語教育に始まり、マンションの大規模修繕の基礎、さまざまな技術、知識などをお教えしています。それらが、同国の不動産ビジネスの発展に、役立てていただければと考えています。グローバル時代の今、私たちの持つ技術やノウハウが、国境を越えて地球規模で役立つことに大きな喜びを感じております。

ページトップへ